FC2ブログ
ちょっと一息 2012.12.04 (火)
朝晩の冷えも厳しくなると共に日も短くなり、本格的に冬が始まってきましたね。
外で遊べる時間も減っているのではないでしょうか。
そうなると、必然的に家の中で過ごす時間も増えてしまいます。
視力低下の原因でよく挙げられるのもゲームです。
なぜゲームをしていると視力低下に繋がってしまうのでしょうか?

●携帯用ゲームの場合、目との距離が30cm前後と近い。

●集中して瞬きをする回数が減ってしまう為、眼に必要な酸素と栄養が届かなくなる。

●携帯用ゲームは車や電車で行なう事で、焦点を変えるために過度の負担が眼にかかる。

●眼球をあまり動かすことが無い為、眼が運動不足の状態になってしまう。

以上の事が考えられます。

ここ何年かで普及している携帯型ゲーム機は、寝転がった姿勢でゲームをしてしまう事も多く、
やはり眼に近い事が気になります。昼間からあまりにもゲームに熱中しすぎて、
夕方部屋が暗くなるのも気付かずにゲームをやり続けているという話も聞きます。
3DSで簡単に3D映像を楽しむこともできるようになりましたが、
3D映像は平面の映像を立体に見せる『錯覚』を利用しています。
そのため、3D映像は正面から見ることを想定しているので斜めで見ると、
左右の目に映る映像の差が大きくなり映像の融合が困難になるため、
眼精疲労を引き起こす可能性があります。

このお話は次回も続きます。
Secret

TrackBackURL
→http://493148tsk.blog60.fc2.com/tb.php/64-ea3db226