FC2ブログ
ちょっと一息 2011.12.15 (木)
遠視の場合

遠視については屈折の強さだけではなく


①矯正視力が出るか

②年齢と近くを見るために必要な力(調節力)

③生活状況  

これらによって使い方が変わります。


●裸眼視力が1.0以上ある場合

完全常用は必要ありませんが近業の際は、

疲れさせないように使用することが望ましいでしょう。


●遠視の度数が強い場合

見る力がついてくればレンズの度数を

落とすことができます。

内斜視を起こす心配がある場合は、

急に外すのではなく、少しずつ度数を落として

スポーツの時に外すなど様子をみていきます。


次回は視力低下予防メガネです!!


Secret

TrackBackURL
→http://493148tsk.blog60.fc2.com/tb.php/35-fdc07934