スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと一息 2011.06.22 (水)
月曜日の新聞に折り込み広告が入っていました。
50歳以上の70万人に加齢黄斑変性の恐れがあると。

加齢黄斑変性は目の奥の網膜(黄斑)が冒される疾患で、日本人の中途失明原因の第4位だそうです。
近年の急激な高齢者人口の増加、生活習慣の欧米化に伴い、患者数が増加しています。

日本人の患者数は男性のほうが多く、疫学調査によると喫煙者のほうが加齢黄斑変性になりやすいようです。

最近、視界の真ん中が暗く見えたり、ゆがみを感じることがあれば、「加齢黄斑変性」かもしれません。
ご心配の方は、眼科医へご相談ください。

尚、加齢黄斑変性による失明は、中心の視力障害をきたすものの、光を全く感じられなくなるわけではないそうです。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。